どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「JPEG形式」と「TIFF形式」の違いについてお話しします。
「JPEG形式」と「TIFF形式」の特徴

「JPEG形式」と「TIFF形式」それぞれの特徴について理解してお話しします。

まず「JPEG形式」ですが、高い圧縮率(およそ1/10~1/100)で保存できるため、ファイル容量が小さくなるのがメリットです。しかし、圧縮方法が「非可逆形式」であるために、圧縮されて劣化した画質を完全に元に戻すことができません。

つまり、目立たなくとも必ず画質の低下が生じます。特に圧縮率を高くすると画質低下が目立ちますし、「JPEG形式」のデータを再保存をることでも、画質低下が進みます。


一方「TIFF形式」は、基本的には圧縮せずに保存されるという特性があります。圧縮が可能なソフトもありますが、それも「可逆圧縮」であるために、完全にもとに戻すことができます。


いずれにしても「TIFF」は画質低下がないのがメリットです。ただし、圧縮してもその率が低いため(1/3程度)、「JPEG形式」ほどファイル容量を小さくすることはできません。

現像後の出力形式でどちらが良いかというと、画質を最優先するなら「TIFF形式」、ファイル容量が小さいことを生かしてたくさん保存したい場合などは「JPEG形式」とすれば良いでしょう。

といえ、「JPEG形式」でも低圧縮率で保存した場合は、一般的に鑑賞するには問題のない画質を備ています。
「TIFF形式」のビット数について

あと、「TIFF形式」では「16ビット」と「8ビット」の選択が可能ですが、現像後に明るさや色補正などレタッチするのなら「16ビット」は非常に有効です。「8ビット」に比べて「16ビット」は階調が豊富であるために「トーンジャンプ」が生じにくいからです。

Photoshopなどでは「8ビット」の画像を「16ビット」に変換することも可能です。しかし、「トーンジャンプ」の抑制には多少の効果はありますが、やはり最初から「16ビット」で現像された画像の階調の美しさにはかないません。

今回は「JPEG形式」と「TIFF形式」の違いについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。



関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/98-7767b641