どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの「ファイル形式」についてお話しします。
2つのファイル形式「JPEG」「RAW」について

デジタル一眼レフカメラはフィルムカメラと違って、写真を撮る前に「ファイル形式」を設定します。

「ファイル形式」は「JPEG」か「RAW」のどちらかを選択します。ここで2つの違いを簡単に説明します。
「JPEG形式」について

デジタル一眼レフカメラで撮った写真を印刷したい。ということであれば「JPEG形式」を選べばいいでしょう。

「JPEG形式」で記録した写真は、撮影したデータをカメラ内で圧縮して表示しています。要するにカメラ内で自動的に現像が行われているので、すぐにカメラでもパソコンでも見ることができます。あと、この形式はすべてのデジタル一眼レフカメラで共通なファイル形式で、互換性があるのも特徴です。

ファイル形式を指定する際、印刷したい大きさなどに合わせて「ラージ」「ミドル」「スモール」の中から選べます。普通はサイズ「ラージ」にして、圧縮率は「ノーマル」でいいと思います。

ここで選ぶ画像サイズや圧縮率によってファイルサイズが変わるので、メモリカードに記録できる枚数も変わってきます。
「RAW形式」について

デジタル一眼レフカメラは「RAW形式」で写真を記録することかできます。「RAW形式」の「RAW」とは「生」という意味になります。つまり「RAW形式」はまだ現像されていないデジタルデータで、写真に関するあらゆる情報が未処理のまま保存されてます。

「RAW形式」の編集や印刷をするには、専用の現像ソフトがないとできません。 「RAW形式」で記録するメリットというのは撮影後でも、「露出補正(明るさを変更できる機能)」「ホワイトバランス(被写体の正しい色を再現できるようにする機能)」や「ピクチャースタイル(発色を選べる機能)」などの調整ができ、劣化が最小限に抑えられ高い画質を維持できます。

ただし、データサイズが大きくなるため撮影の際にメモリカードに記録できる写真の枚数が限られます。デジタル一眼レフには、1回の撮影で「JPEG形式」と「RAW形式」両方の形式で写真を記録する設定もあります。 このようにしておくと、「JPEG形式」で撮った写真を確認し、気に入らなければ「RAW形式」で仕上がりを変えられるので便利です。

今回は一眼レフカメラの「ファイル形式」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/97-4089aa8c