どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「AEロック」と「AFロック」についてお話しします。
「AEロック」とは?

「AEロック」は「Auto Exposure Lock」の略で、直訳すると「自動露出固定」になります。

この「AEロック」はシャッターを半押ししている時、もしくは専用の「AEロックボタン」を押すことで、一度設定した「絞り」と「シャッタースピード」の数値を固定できる機能です。

つまり写真の構図を変えても一度割り出した「露出」の値が変更されることはありません。

次に「AEロック」の操作方法ですが「AEロックボタン」を押すことにより作動します。

一眼レフカメラの機種によって違いますが、おおよそこんなボタンになっています。写真をご覧ください。


写真の赤で囲んである部分が「AEロックボタン」になります。次に説明する「AFロック」のボタンと兼用の場合が多いです。ちなみにこの写真の一眼レフカメラは「AEロックボタン」「AFロックボタン」が兼用のタイプです。

カメラの「AE/AFロックボタン設定」で「AEロックのみ」、「AFロックのみ」「AEロック・AFロックどちらも使用」など設定を変更する事が可能です。

「AFロック」とは?

「AFロック」は「Auto Focus Lock」の略で、直訳すると「自動焦点固定」になります。

この「AFロック」は一度合わせたピントを固定できる機能です。こちらもシャッターを半押し中、もしくは専用の「AFロックボタン」を押すことで、ピントを固定できます。

「AFロック」中は、いくら構図を変えても「オートフォーカス」は作動しません。ピントが固定されているので、自分のイメージにそって構図を変えながら被写体を撮影できます。
「AEロック」「AFロック」の設定と解除方法について

一般的にこの2つの機能は併用されることが多いです。例えば、シャッターを半押しで、「AEロック」と「AFロック」の両方を有効にするということです。

先程も説明しましたが、どちらか一方だけを利用することや、どちらも無効にする設定も可能です。自分の操作のしやすい方法にカスタマイズしましょう。

ロックの解除方法は、シャッターの半押しをやめるか「AE/AFロックボタン」を再度押して行います。撮影が完了しても設定は解除となります。

今回は「AEロック」と「AFロック」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/93-824e2f13