どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「マニュアルモード(M)」についてお話しします。
「マニュアルモード(M)」とは?

「マニュアルモード(M)」は「絞り」と「シャッタースピード」の両方の数値を自分で決めて撮影するモードです。露出に関わるすべての要素を自分で決めます。「モードダイヤル」は「M」で表します。

この撮影モードは、まずポートレートやテーブルフォトなど同じ明るさで連続して撮影を行いたい場面などでもよく使われます。

数値を固定しておくことで、露出を気にせず、被写体と向き合えます。また、明暗差が激しくなかなか他のモードでは自分の望む明るさが得られないようなシチュエーションでも効果的です。

自分で「絞り」と「シャッタースピード」を設定することで、理想的な明るさで撮影が行えます。

他にも照明機材を使い、自分で光量を調整できるような場面では、「マニュアルモード」が基本の設定になります。

最後に「マニュアルモード(M)」の特徴をまとめた表を作成しました。

今回は「マニュアルモード(M)」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/91-2f44ce22