どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの「測光方式」についてお話しします。
一眼レフの「測光方式」とは?

まず「測光」はどんな役割をしているかについてお話しします。簡単に言うと「測光」は撮影に必要な「光の総量」を測定する行為を指します。

撮影時の「絞り」や「シャッタースピード」の数値は、一眼レフカメラが「測光」を行うことで割り出しています。わかりやすいようにイラストにしました。

「測光方式」の種類について

「測光」のやり方には、主に3つの方法があります。画面全体の明暗を対象に、平均的な光量を割り出す「評価測光(マルチ測光)」、画面中央を重点的に「測光」する「中央重点測光」、そして、特定のエリアのみから「測光」を行い、他のエリアは「測光」の対象としない「スポット測光」の3つです。1つずつ解説していきます。

「評価測光方式」とは?

画面内を分割して測定します。客観的な露出が割り出せる方式です。分割の方式はメーカーや機種によってさまざまです。明るい場所と暗い場所の両方を参考にきちんと「測光」を行いたい場面などに便利です。

「中央重点測光方式」とは?

画面中央から離れるほど、「測光」の感度が弱まります。画面中央の露出をしっかり「測光」したい場面で効果的です。人物撮影などで利用されることが多いです。

「スポット測光方式」とは?

画面中央がその対象になることが多いですが、フォーカスエリアと 連動する機種もあります。ピンポイントで「測光」を行うため、露出を大きく誤ることもあります。やや上級者向けの測光方式といえるでしょう。

おすすめは「評価測光」

先ほども話しましたが「評価測光(マルチ測光)」は画面を細かく複数のブロックに分けてそれぞれのブロックで明るさを測ります。さらに画面全体の光量も測り総合的に適正露出を割り出しています。

最近のデジタル一眼レフの測光能力は大変優れたもので、逆光下での被写体でもきちんと露出を割り出してくれます。

したがって、初心者には使いやすいのはもちろんのこと、撮り直しができないような一発勝負で臨みたいときには、「評価測光」にしておくと撮影シーンに応じたほぼ問題のない適正露出を決めてくれるでしょう。

今回は「測光」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした!




関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/81-cbcc7213