どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「撮像素子」の大敵「ゴミ」とその対策についてお話しします。
「撮像素子」はとても「ゴミ」に弱い

最近では技術の進歩により「撮像素子」が安価に製造できるようになり、一般的なユーザーもデジタル一眼レフカメラを購入しやすくなりました。

そんなデジタル一眼レフカメラですが、フィルム時代に比べて注意を払わなければならないことがあります。それは「ホコリ」や「チリ」といった「ゴミ」です。

デジタル一眼レフカメラのレンズを交換する際にはどうしてもカメラの外から「ゴミ」が入ってしまいます。もちろん、これはフィルム式のカメラの時から発生していたことでした。

しかし、これらの「ゴミ」がデジタル一眼レフカメラにおよぼす影響は、フイルム式カメラに比べて格段に大きいです。

「ゴミ」がもっとも問題になるのは、「撮像素子」に付着した場合です。「撮像素子」に「ゴミ」が付着してしまうと「ゴミ」も写真に写り込んでしまいます。


もちろん、レンズ側に付着したときも写真に写り込みますが、レンズ側の場合は「ブロアー」で「ゴミ」を吹き飛ばせば、写真には写り込まなくなります。

フィルム式カメラの場合、撮像面は「フイルム」なので、「ゴミ」の影響は最小限で済みます。なぜなら、写真1枚に対してフイルム1枚分だけで、次の写真を撮る際には撮像体は別の領域を使うからです。

つまり、フィルムに「ゴミ」が付着したとしても、影響するのは「ゴミ」が付着したコマだけで、フィルムを巻き取るときに「ゴミ」も一緒に巻き取られて、次の撮影をするときには「ゴミ」がなくなった状態に戻るからです。

ところが、デジタル一眼レフカメラの場合はそうはいきません。「撮像素子」に「ゴミ」が付着してしまったら、それ以降に撮影した写真にはずっと「ゴミ」が写り込んでしまいます。

さらにやっかいな事に「撮像素子」に付着した「ゴミ」はレンズのように「ブロアー」で簡単にをとることが出来ないのです。



あと、「ゴミ」が「撮像素子」に付着する事で起こる問題がもう1つあります。撮影の時に「撮像素子」が発する熱で「ゴミ」が「焼き付け」という現象を起こしてしまう事があります。この「焼き付け」が起きてしまったら「撮像素子」自体を交換しなければならないため大変な出費になります。

このような事からわかるように「ゴミ」には最新の注意を払わなければいけないのです。
ゴミの侵入を防ぐにはどうすればいい?

「ゴミ」の侵入経路はカメラマウント部からに絞られます。そこから「ゴミ」が侵入する条件を考えて、その逆をすれば良いと考えるとわかりやすいでしょう。

「ゴミ」が侵入する条件とは…

①手が汚れていること。
②マウント部が開口している時間が長いこと。
③マウント部が上を向いていること。
④風が吹きホコリが舞っている状態にあること。
⑤キャップやレンズにゴミやホコリかついていること。

「ゴミ」を侵入しないようにするには…

①手の汚れを落としておくこと。
②作業時間短縮のために交換用レンズを手元に置く。
③風を遮る位置に体を保持する。
④ゴミやホコリがおさまるのを待つ。
⑤カメラを下向きにする。
⑥素早くレンズ交換をする。
⑦外したレンズはレンズマウント部とキャップ内側をブロアーで清掃しておく。

万が一、「撮像素子」に「ゴミ」が付着してしまった時には、自分で取り除いてみようとせずに、各カメラメーカーのサービスセンターへメンテナンスに出すようにしましょう。

今回は「撮像素子」の大敵「ゴミ」とその対策についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/78-0f311164