どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「手ブレ補正」についてお話しします。
「手ブレ補正」の種類

「手ブレ補正」の方式は大きく分けると「機械式」と「電子式」があります。

「機械式」とは「補正レンズ」や「撮像素子」を動作させて「ブレ」を補正する方式になります。「電子式」は画像をカメラ内のソフトで処理して「ブレ」を目立たなくするものになります。

現在のデジタルー眼レフカメラに一般的に使用されているのは「機械式」のほうです。この方式はさらに、「レンズ内補正方式」と「ボディ内補正方式」に分けられます。
「レンズ内補正方式」とは?

「レンズ内補正方式」は、交換レンズ内の「手ブレ補正レンズ」を上下左右に動かすことで、「ブレ」を目立たなくする方式です。つまり、レンズ内を通る「光」そのものを動かすわけです。わかりやすいようにイラストにしました。

「レンズ内補正方式」の場合、レンズ内で補正するので、補正の具合をファインダーで確認しながら、撮影することが出来ます。

「レンズ内補正方式」の長所は使用するレンズを特化し、より効率の良い「プレ補正」が行えることです。あとは先ほど話したように、ファインダーで補正を確認出来る所になります。

短所としては、レンズの構造的な問題で「超広角レンズ」や「大口径レンズ」に対応しにくい点になります。
「ボディ内補正方式」とは?

「ボディ内補正方式」は「撮像素子」そのものを上下左右に動かて「ブレ」を補正する方式になります。こちらは、撮像面に投影された像そのものを動かすことになります。わかりやすいようにイラストにしました。

「ボディ内補正方式」は「撮像素子」を動かし「ブレ補正」するので、ファインダーで補正の具合を確認しながら撮影するということが出来ません。

「ボディ内補正方式」は一眼レフカメラ内で処理を行う方式なので、レンズの種類を選ばないという大きな利点があります。欠点としては先ほど話したように、リアルタイムにファインダーで補正効果が確認できないことです。
「レンズ内補正方式」と「ボディ内補正方式」どちらが優れているのか?

「プレ補正の効果」という点に関しては、「レンズ内補正方式」「ボディ内補正方式」の差はほとんどありません。

ただし、注意したいのはどちらも「完壁にブレを無くしてくれる」という事ではありません。あくまで「ブレ」を小さく目立たなくしてくれるだけです。

絶対に「手ブレ」したくない撮影シーンなどでは「シャッタースピード」を遅くしたり、「三脚」を使用すれば確実でしょう。

今回は「手ブレ補正」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした!


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/76-79a21e30