どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの各部分の名称と簡単な説明を書いていこうと思います。
名称は、カメラを操作していく上で最初に知っておいたほうが操作をしやすくなります。
あと、カメラに付属している説明書を読む時もおおよその部品名称を知っていれば探すのが楽になります。

今回は一眼レフカメラを使うときに、使用頻度が高い部分の名称を説明します。メーカーやカメラの機種によって呼び名や位置は多少異なるとは思いますが、だいたい共通しています。それでは説明開始!


①シャッター

このボタンを押すと写真を撮影することが出来ます。オートフォーカス(カメラが自動でピントを決めてくれる機能)を使っている時はこのボタンを半押し(全部押さないで半分ぐらいまで押す事)して、ピントをカメラに決めてもらってから全押しします。
②モードダイヤル

このダイヤルを回すと「撮影モード」を変更する事が出来ます。具体的には…
  • 「プログラムオート(P)」…カメラがちょうど良い写真が撮れるように設定してくれるモード。
  • 「絞り優先オート(AvもしくはA)…ピントの合う範囲を自分で調整したい時に使うと便利なモード。
  • 「シャッタースピード優先オート(TvもしくはS)」…被写体が動いている時に使うと便利なモード。
  • 「マニュアルモード(M)」…自分で全て設定できるモード。

③内臓フラッシュ

夜間や暗い場所で撮影する時に使います。使用していない時はしまわれていますが、使用すると「ガチャッ!」っと飛び出してきます。結構かっこいいです。
④レンズ取付指標

レンズを取り付けるときに、この「レンズ取付指標」とレンズ側についている「取付指標」を合わせてから、レンズを装着します。
⑤フラッシュボタン

この部分を押すと③内臓フラッシュの部分から、フラッシュが飛び出してきます。
⑥レンズロック解除ボタン

装着しているレンズを外すときは、このボタンを押しながら外します。
⑦レンズマウント

レンズを装着する部分になります。メーカーによって形状が違います。(なので違うメーカのレンズは基本的に装着できません)


⑧メニューボタン

このボタンを押すと、⑬液晶モニタに「メニュー」が呼び出されます。一眼レフカメラの各種設定や調整を行うことができます。
⑨ファインダー

ここから覗いた部分が、撮影されます。基本はファインダーを見て撮影します。
⑩視度調整つまみ

自分の目の視度に合わせて⑨ファインダーの見え方を調整することができます。撮影する前にここをちゃんと調整しないと、ピントが合わなくなります。
⑪ライブビューボタン

このボタンを押すと「ライブビュー撮影(⑨ファインダーの代わりに⑬液晶モニタを見ながら撮影する方法)」に変更されます。
⑫露出補正ボタン

このボタンを押しながら「電子ダイヤル」を回すと「露出補正(写真の明るさを変更する機能)」が行えます。
⑬液晶モニタ

メニューで設定を行うときや、ライブビュー撮影をするときに使用します。
⑭セルフタイマーボタン

このボタンを押すと「1枚撮影」「連写撮影」「セルフタイマー撮影」への変更が行えます。
⑮ホワイトバランス設定ボタン

このボタンを押すと「ホワイトバランス」の変更が行えます。
⑯カードスロット

データを保存するための「メモリーカード」はここを開けて差し込みます。
⑰AFモード切替ボタン

ピント合わせのモードを切り替える際に使います。普通にピントを合わせるワンショットや、動いているものにピントを合わせ続けるAIサーボモードなどがあります。


⑱ISO感度設定ボタン

このボタンを押しながら「電子ダイヤル」を回すと「ISO感度」の設定が行えます。
⑲アクセサリーシュー

外付けストロボやそのほかのアクセサリーを接続する場所です。
⑳電源ボタン

ここで電源のON/OFFが行えます。
21電子ダイヤル

「露出補正」等の各種設定を行えます。他のボタンを押しながらダイヤルを回すことで設定できます。

一眼レフカメラの各部分の名称をお分かりいただけたでしょうか?
もし、わからなくなったら、スマートフォンでこのページをご覧頂けば見る事ができますよ!
それではnikoでした~。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/7-d7650661