どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「AFフレーム」はどの部分が一番精度が高いのか?についてお話しします。
基本的には「中央」が一番精度が高い

一眼レフカメラの「AFセンサー」は基本的に中央に「クロスAFセンサー」を配置し、そのほかの「AFフレーム」は通常の「ラインAFセンサー」を採用しています。

こういった一眼レフカメラの場合は、中央の「AFフレーム」を使ったほうがピント合わせの「精度」「スピード」ともに優れています。特に、暗い場所でのピント合わせで差が出てきます。

つまりわかりやすく言うと「オートフォーカス」を使用している時はピントを合わせたい被写体を真ん中に持ってきた方がピント合わせの「精度」と「スピード」が上がるということです。

メーカーが提供しているカタログ等の情報を見ると、中央の「AFフレーム」のほうが周辺部の「AFフレーム」より高精度だと言えるでしょう。

ですが、オリンパスやニコンのように、すべての「AFフレーム」が同等の精度、あるいは中央の「AFフレーム」に次ぐ精度を実現しているというメーカーもありました。

このように、中央部のほかにも「クロスAFセンサー」を使用している場合には、基本的には中央の「AFフレーム」も周辺部の「AFフレーム」も同じピント合わせの性能を確保しています。

しかし、たとえば中央の「AFフレーム」だけが「F2.8」光束に対応して、ほかの「AFフレーム」は「F5.6」光束対応といったようなデジタル一眼レフでは、「開放F値」が「F2.8」より明るいレンズを使った場合、中央の「AFフレーム」でピントを合わせた方がスピーディでより正確なピント合わせができるでしょう。

今回は「AFフレーム」はどの部分が一番精度が高い?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/67-ddef13b6