どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「フォーカスモード」についてお話しします。
「フォーカスモード」とは?

まず「フォーカスモード」とは何なのか?ということですが、簡単にいうと「ピント合わせの方法」を選ぶモードになります。

この「フォーカスモード」は各メーカーごとに名称が違います。わかりやすいように一覧にしました。ご覧ください。
名称は様々あるのですが、本サイトでは「フォーカスモード」で統一させて頂きます。
「フォーカスモード」の種類

次に、「フォーカスモード」にはどのような種類があるかというと、大きく分けて3つの「フォーカスモード」があります。以下に記載します。

  • 「シングルAF」…一般的な「オートフォーカス」。


  • 「コンティニュアスAF」…被写体の動きを追ってピントを合わせる「オートフォーカス」。


  • 「マニュアルフォーカス」…レンズの「ピントリング」を調整して、自分の手でピントを合わせる。

簡単に説明させて頂きましたが、これだけではわからないと思うので1つずつ解説していきます。
「シングルAF」とは?

「フォーカスモード」の中で最も簡単で一般的なのが「シングルAF」です。

簡単に言うと通常の「オートフォーカス」のことです。

こちらも各メーカーで名称が異なるのでわかりやすいように一覧を作成ししました。ご覧ください。

今回、名称は「シングルAF」で統一させて頂きます。

この「フォーカスモード」は構図を決めた後「シャッターボタン」を半押しにすると、「オートフォーカス」が作動し、自動でピント合わせをしてくれます。その後「シャッターボタン」を全押しすると写真が撮影されます。

ピント合わせをした後も半押ししたままなら、ピントはその位置で固定されます。これを「AFロック」といいます。この「AFロック」した状態で構図を変更してもピントは固定されたままになります。

また、ピントがうまく合わなかった時や被写体の位置が変わった時には「シャッターボタン」から指をはなし、もう一度半押しをすれば、再度「オートフォーカス」が作動し、自動でピント合わせをし直してくれます。

「シングルAF」はピントを合わせてくれるまでに時間がかかるため、「走っている子供」「動き回るペット」「空を飛ぶ鳥」など激しい動きをする被写体には適しておらず、「ピンボケ」になってしまう可能性があります。わかりやすいようにイラストを用意しました。ご覧ください。


「コンティニュアスAF」とは?

「コンティニュアスAF」は動いている被写体にとても有効な「フォーカスモード」になります。

この「コンティニュアスAF」は簡単に言うと一度被写体にピントを合わせると、その被写体が動いてもピントが「追従」する「フォーカスモード」になります。

今回は「コンティニュアスAF」を理解して頂くために、例として「犬」を撮影すると仮定してみます。

撮影の構図を決めた後、「犬」にピントを合わせるため「シャッターボタン」を半押しします。

ピントが「犬」に合った後「シャッターボタン」を半押し状態にしていれば、犬が動き回ってピントの距離がかわってしまっても、自動で犬にピントを合わせ続けてくれます。

ピントを自動的に「コンテニュー」してくれる「フォーカスモード」。

これが「コンティニュアスAF」になります。文章だけだとわかりにくいのでイラストを用意しました。ご覧ください。


お分かり頂けたでしょうか?

あと、「コンティニュアスAF」も各メーカーによって様々な名称があります。わかりやすいように一覧にしました。

今回は「フォーカスモード」と「シングルAF」「コンティニュアスAF」の3つをお話ししました。

今回お話ししなかった「マニュアルフォーカス」ですが、商品撮影で「マニュアルフォーカス」はとても大切になります。なので違うページで詳しくお話ししたいと思っています。

それではお疲れ様でした。nikoでした~!




関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/63-08142f46