どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「オートフォーカス」の方式の1つ「ハイブリッドAF」についてお話しします。

「オートフォーカス」の方式は「位相差検出AF」方式と「コントラストAF」方式の2つに大別されることは以前お話ししました。

ですが、最近登場した新しい方式「ハイブリッドAF」方式が登場しました。

「ハイブリッドAF」方式は前述の2つの方式の良い所を備えている新しい方式になります。

それでは「ハイブリッドAF」方式についてお話しします。
「ハイブリッドAF」方式とは?

「ハイブリッドAF」方式は名前の通り「位相差検出AF」方式と「コントラストAF」方式をハイブリッド、つまり「組み合わせた」方式になります。

「ハイブリッドAF」方式はどういう仕組みかというと「撮像素子」の撮像面に「位相差検出AF」と「コントラストAF」を組み込んでいます。なので、「像面位相差検出AF」方式と呼ばれることもあります。

これは一例ですが下のイラストのように「撮像素子」の撮像面で「位相差検出AF」と「コントラストAF」を分割しています。


「ハイブリッドAF」方式の仕組みをお分かり頂けたでしょうか?
「ハイブリッドAF」はシーンによって「位相差検出AF」と「コントラストAF」を切り替える

この「ハイブリッドAF」方式のすごい所は、撮影シーンに合わせて「位相差検出AF」方式と「コントラストAF」方式を自動で切り替える所でしょう。

具体的には「明るい場所」では「位相差検出AF」方式でピント合わせを行い「暗い場所」では「コントラストAF」方式でピントを合わせます。イラストを用意したのでご覧ください。


切り替えはカメラが自動で行いますが、基本的には「位相差検出AF」で撮影します。
「ハイブリッドAF」のメリット

「ハイブリッドAF」の良い所は「コントラストAF」方式のようにカメラのボディを「コンパクト」にする事ができ、「位相差検出AF」のように「高速」にピント合わせをする事ができる所です。

この「ハイブリッドAF」方式という技術は日進月歩で向上しています。これからの「オートフォーカス」の主流になっていくことでしょう。

今回は「ハイブリッドAF」方式についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした!


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/58-41f623ae