どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「オートフォーカス」の方式の1つ「コントラスAF」方式についてお話しします。

「オートフォーカス」の方式は「位相差検出AF」方式と「コントラストAF」方式の2つに大別されることはお話ししました。

「位相差検出AF」方式についてはこちらのページで説明していますのでご覧ください。

それでは「オートフォーカス」と「コントラストAF」方式についてお話しします。
「オートフォーカス(AF)」とは?

「オートフォーカス(Auto focus)」は自動でピントを合わせてくれる機能のことで「AF」と略されています。

「オートフォーカス」の方式にはいくつかあるのですが大別すると「位相差検出AF」と「コントラストAF」に分けられます。

前回は「位相差検出AF」についてお話ししました。

次は「コントラストAF」方式についてお話ししましょう。
「コントラストAF」方式とは?

通常のデジタル一眼レフカメラの「オートフォーカス」はおおよそ「位相差検出AF」方式を採用しています。

今回お話しする「コントラストAF」方式は主に「ミラーレス一眼カメラ」に採用されている方式になります。

それでは次に「コントラストAF」方式の仕組みと、なぜ「ミラーレス一眼カメラ」でこの方式が採用されているか説明します。
「コントラストAF」方式の仕組みとは?

「位相差検出AF」方式は「セパレーターレンズ」や「位相差検出AFセンサー」によってピントを合わせています。

ですが「コントラストAF」方式はそのような部品は使用せず「撮像素子」によってピント合わせを行っています。そのため「コントラストAF」方式を採用している「ミラーレス一眼」はボディをコンパクトに出来るわけです。

次に仕組みについてですが「コントラストAF」方式は「写真全体のコントラストが一番高くなった状態がピントの合った状態」と想定してピント合わせを行います。

具体的には「撮像素子」から受光した「画像」を分析し「コントラストが最も高くなる」所に「少しずつ」レンズを移動させピント合わせを行います。わかりやすいようにイラストにしました。ご覧ください。

「コントラストAF」方式の仕組みをご理解頂けたでしょうか?
「コントラストAF」方式のメリット・デメリット

まずメリットについてですが、先ほども書いた通り「コントラストAF」方式は「撮像素子」でピント合わせを行うので「位相差検出AF」方式の時に必要だった部品がいらなくなり、カメラのボディを「コンパクト」に出来るという最大のメリットがあります。

あと「コントラストAF」方式は実際に「撮像素子」に映る「画像」を解析してピント合わせを行うため「位相差検出AF」方式よりピント合わせが正確だと言われています。

その他にはピント合わせが静かになるなどのメリットもあります。

次はデメリットですが、「コントラストAF」方式は「撮像素子」から「画像」を解析して少しずつ目的のピントに近づけていきます。そのため基本的にピント合わせの「速度」が遅い傾向があります。そのため「運動会」「ペット」「電車」など「動く被写体」はあまり得意ではありません。

あと「写真自体のコントラストが低い場合」も得意ではありません。ピント合わせの「速度」「精度」ともに低くなってしまいます。このような時は「オートフォーカス」は使用せず「マニュアルフォーカス」を使用すると良いでしょう。

今回は「オートフォーカス」の「コントラストAF」方式についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/57-6f115388