どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「ファインダー倍率」を上げるアイテムについてお話しします。

「ファインダー倍率」が上がれば、ピント合わせがとても楽になります。特に商品撮影ではシビアなピント合わせを求められますので1つ持っておくと役に立ちます。

それではお話しします。
「ファインダー倍率」を上げるアイテム

ファインダーに映る画像は小さいので、もっと大きくしたい。と思う時があります。

そんな時のために「アングルファインダー」「マグニファイヤー」というアイテムがあります。

これはファインダー接眼部に取り付け、画像を拡大できるアイテムです。どういうものか画像を用意しました。ご覧ください。

こうしたアイテムはもともと、クローズアップ撮影をするときなどで正確なピント合わせをしたり、被写体の様子をじっくりと観察して撮影するためのアクセサリでした。

ところが、デジタルー眼レフが多くの機種でAPS-Cサイズ相当の小さな「撮像素子」を使用したことから、実質的なファインダー倍率が低くなり見える画像が小さくなってしまいました。

そこでファインダー画像を拡大してくれる「アングルファインダー」や「マグニファイヤー」などに注目が集まったのです。
「ファインダー倍率」を高めればピント合わせが楽になります。

一眼レフカメラの製造メーカーはおおよそ自社製の「アングルファインダー」「マグニファイヤー」を揃えています。なんと最大で「ファインダー倍率」を2倍に出来るものもあります。

ファインダーから見える画像が大きくなればピント合わせがとても楽になります。商品撮影では正確なピント合わせを求められるので1つ購入しておくと大変役立つアイテムになるでしょう。
購入する際の注意

「アングルファインダー」「マグニファイヤー」はとても便利なアイテムですが、購入する際は自分の一眼レフカメラに対応しているかを必ず確認しましょう。同一メーカー製ならばおおよそ大丈夫だと思いますが、念のために確認は大切です。

今回は「ファインダー倍率」を上げるためのアイテムについてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/54-170aff23