どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「視度調整」についてお話しします。
「視度調整」って何?

あなたのデジタル一眼レフのファインダーをのぞいたときに見える画面ははっきりと映っていますか?

ファインダーをしっかりと調整していないと、本当はピントが合っているのに合っていないように見えたり、その逆になる事もあり得ます。 撮影を開始する前に必ず確認しましょう。

双眼鏡を使うときに人によっては近視、遠視、老眼などによる視力の差かあるため自分の眼に合うように双眼鏡の中央のつまみを動かして見え方を調整します。

それと同じようなことをデジタル一眼レフカメラでもする必要があります。それを視度調整といい、カメラ本体に内蔵されている「視度調整」を使っておこないます。

視度調整のつまみは多くのカメラでファインダーの近くにあります。「 視度調整」をせずにファインダー側面がボケてしまっていると、いくらその状態で被写体にピントを合わせようとしても、ピントがきちんと合ったシャープな写真は撮れません。

デジタル一眼レフカメラはファインダーで見たままを写真に写すので、最初に「視度調整」をしておくことはとても重要です。

視度調整の方法

ファインダーをのぞいて何か明るめの被写体にフォーカスポイントを合わせてシャッターを半押ししてください。 そのときにファインダー脚面の下に表示される設定情報の文字列がはっきり見えるかどうか確認します。

はっきり見えない場合は鮮明に見える状態になるまで、ファインダー近くにある「視度調整」つまみを動かして調整します。

フォーカスポイントのマークが鮮明に見えるかどうかで確認しても構いません。近眼にしても、老眼にしても眼鏡を着用して撮影するつもりであれば、眼鏡を着用した状態でファインダーをのぞいて視度調穣を行いましょう。

視度調整をしても、鮮明にファインダーが見えない場合は、別売の視度補正レンズというものがありますので利用しましょう。

今回は「視度調整」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/52-bd7fc4d7