どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「ファインダー視野率」についてお話ししていこうと思っています。
「ファインダー視野率」とは?

「ファインダー視野率」とは「ファインダー」から眺めた風景と実際に写真として写る範囲の割合をパーセンテージで表したものです。このパーセンテージが低くなるほど、写真として写る範囲が広くなります。

つまり、視野率が95%のファインダーを搭載した機種で撮影を行った場合、その写真は、実際に「ファインダー」から眺めている風景よりも、上下左右で5%ほど余計に広く写るということになります。

95%の範囲しか写せないということではありません。「ファインダー」からは95%の範囲しか見えていないという意味です。わかりやすいように写真を用意しました。

なお、これは当然「ファインダー」に限定したものです。液晶モニターは視野率100%ですし、液晶モニターの像をそのまま反映させる電子ビューファインダーも基本的に視野率は100%。あくまでデジタル一眼レフカメラの仕様に限定した話になります。
ファインダー視野率100%を実現するのは難しい

「ファインダー視野率100%」ということは、視野率が99.9%や100.1%では100%とはいえません。ファインダー画面で見たまま、寸分違わずぴったり100%でなくてはなりません。

たとえば「視野率95%」ということになれば、工業製品の既定誤差範囲内であれば「95.5%」でも「94.5%」でも許されます。

そこが「100%」とその他の違いであり重要なポイントになります。100%には上下誤差の許される範囲がまったくない、と考えてもいいでしょう。

とはいえ、完壁に寸分の誤差もない「完全100%」に仕上げることは不可能です。温度変化によるごくごくわずかな誤差が発生することもあります。ですから、機種によってはスペック欄に「約100%」と明記してあります。

でもこれは、限りなく100%に仕上げているけれど、不可避な状況によってはごくわずかに100%でなくなる場合もあります、という意味に解釈すればいいでしょう。

今回は「ファインダー視野率」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/51-c07cc2f7