どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「交換レンズ」に取り付ける事が出来る「レンズフード」についてお話しします。
「レンズフード」ってどんなもの?

まず、「レンズフード」って何?と思われるかともいると思うので画像を用意しました。

赤の点線で囲んである部分が「レンズフード」です。「レンズフード」は「交換レンズ」の先端に装着して使用します。
レンズフードはどんな効果があるの?

「 レンズフード」は強い光線をカットして、より自然な仕上がりを演出してくれるアイテムです。例えば、逆光など日の光がレンズに入りやすい場面で効果的です。

ゴーストやフレアといった不要な光が写真に写らないように、描写性を高めてくれます。また、「レンズフード」はレンズ面を保護する役割も担っています。

「レンズフード」があれば、不用意にレンズ面を指で触ってしまうこともなくなりますし、どこかにぶつけても、フード部分がクッションになりレンズの表面を守ってくれます。

このアイテムはかさばりますし、取り付けも面倒ですが、レンズの機能を最大限に引き出すためには必要なアイテム。 必ず取り付けて利用しましょう。

今回は「レンズフード」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした!


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/49-0e9c6073