どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「レンズ交換の時はかめらの電源はOFFの方がいいのか?」という疑問についてお話ししていきます。
レンズ交換の際、カメラの電源はOFFの方がいい?

私たちは普段何気なくレンズ交換をしています。ですが、カメラの電源がONになっていれば、F値などのレンズからの情報を伝達する電源接点は電気が通っているはずです。

そうなると、電気が通っている状態でレンズを着脱して、何か問題が生じたりしないのか気になるところです。

カメラメーカー各社に質問したところ、問題ないとする意見もありましたが、誤動作や、何らかのトラブルが生じる可能性はゼロではないという見解も見られました。おおむねカメラやレンズが壊れるような大きな問題にはならないようですが、やはり万全を期するならば電源をOFFにしてレンズ交換をしたほうが良いようです。

今回は「レンズ交換の時はかめらの電源はOFFの方がいいのか?」という疑問についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/47-c7f7eed6