どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「レンズキット」についてお話しします。よくお店やネットショップでカメラを見ていると「レンズキット」と銘打って販売している物があります。このページでは「レンズキット」がどういうものなのかお話ししていきます。
「レンズキット」とは?

「レンズキット」は「カメラのボディ」と「交換レンズ」がセットになって販売されているものです。カメラを購入する際には「カメラボディ」単体で購入する方法と、「交換レンズ」をセットにして購入する方法のふたつから選べます。

そして、後者の販売形式を「レンズキット」と言います。

「レンズキット」の中身はメーカーや機種によって変化しますが、総じて、幅広くさまざまな被写体やシーンに対応できるように、標準ズームレンズが選ばれることが多いです。

デジタル一眼をはじめて購入する場合には、レンズキットを購入するのも良いでしょう。セットで購入したほうが割安ですし、まずはこのレンズを使って撮影し、必要に応じてレンズを買い足していくほうが、レンズ選びでの失敗も減ります。

すでにデジタル一眼を所有し、カメラ本体を買い足す場合には、「カメラボディ」単体での購入がいいです。ただし、この際にはす でに述べたように、自分の所有する「交換レンズ」と新しいカメラの互換性をきちんと確認することが大事です。

「ダブルズームキット」のメリットとは?

「ダブルズームキット」とは、カメラボディに2本のレンズがセットになったものを指します。

このキットは、標準ズームレンズと望遠ズームレンズがセットになることが多いです。そういった意味では、望遠効果を利用して撮影を行いたければ、「ダブルズームキット」での購入はおすすめです。このほうが個々の価格も安くなります。

しかし、望遠効果を活かして撮るのでも、標準ズームの望遠側で十分まかなえることも多いです。ダブルレンズキットにする際には、本当にそこまでの望遠が必要なのかどうかもきちんと考えながら、購入を検討することが大事です。

今回は「レンズキット」と「ダブルズームキット」についてお話ししました。

それでは。nikoでした。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/45-314a59fd