どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「交換レンズ」はどんな一眼レフカメラにも取り付けられるのか?という疑問にお答えしたたいと思います。

他メーカー間の取り付けは基本的に出来ない

「交換レンズ」は一眼レフカメラの機種・構造によって使えるもの・使えないものがあります。

一眼レフカメラの大きな魅力はレンズ交換ができる所にありますが、どんなレンズにも取り付けできるわけではありません。

まず、メーカーによる違いがあります。例えば、キャノンの交換レンズを他社のカメラ本体に取り付けることは基本的にできません。レンズメーカーの造る交換レンズでも、各社用に造り分けがされています。

そして、同じメーカーによるデジタル一眼でも互換性はさまざま。デジタル一眼レフとミラーレス一眼でレンズをそのまま交換できなかったり(専用のアダプターを介してはじめて接続できます)、搭載されているセンサーサイズによって、専用レンズが用意されている機種も多いです。

「APS‐C専用(デジタル専用)」のレンズをフルサイズの一眼レフで使用できるの?

センサーの大きなフルサイズのデジタル一眼に対して、APS‐Cサイズ専用(デジタル専用)のレンズを取り付ける場合には使用出来るのか?ちゃんと機能するのかを確認する必要があります。

互換性があり利用できる機種がある一方で、周辺が黒くケラれてしまったり、レンズ側の機能の一部が利用できなくなるなどの障害が発生する機種もあります。中には取り付け自体が行えない場合もあります。

ちなみに、逆にAPS‐Cサイズの「撮像素子」を搭載した一眼レフカメラにフルサイズ専用のレンズを取り付けるとどうなるでしょうか。

この場合はレンズに書かれている焦点距離よりも写せる範囲は狭くなる(望遠になる)ものの、利用は問題なく行える場合が多いです。

今回は「交換レンズ」はどんな一眼レフカメラにも取り付けられるのか?という疑問にお答えしました。

それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/44-f066967f