どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「デジタル専用レンズ」についてお話ししていきます。
レンズのスペック表などを見ていると頻繁に「デジタル専用レンズ」というワードを見かけます。「デジタル専用レンズ」がどういう事なのかわかっていないと、間違ったレンズを選んでしまう可能性があります。

それでは「デジタル専用レンズ」についてお話しします。
「デジタル専用レンズ」とは?

デジタル一眼レフの「撮像素子」には様々ななサイズがあります。

35mmフィルムと同じ大きさの「フルサイズ」、それよりも小さい「APS-C」と「フォーサーズ」。

イメージサークルの大きいフルサイズ用のレンズを「APS-C」タイプのデジタルー眼レフに装着しても、レンズの中央部分しか使われません。

それはなぜかというと、「APS-C」サイズの「撮像素子」には、「フルサイズ」ほど大きなイメージサークルが必要ないからです。

しかし、現在は「APS-C」サイズの「撮像素子」が主流になってきました。各レンズメーカーは「APS-C」サイズのイメージサークルに特化した専用のレンズを発売してきました。

そうしたレンズのことをデジタル専用レンズと呼んでいます。「フルサイズ」の「撮像素子」を搭載したデジタルー眼レフには使用できませんが、イメージサークルが小さいためにレンズを小型・軽量化できるというメリットがあります。

また、デジタルー眼レフカメラで問題とされていた「撮像素子」の内反射によるフレアの発生を、最新のコーティング技術によって防いでいます。

「デジタル専用レンズ」の見分け方

では、どうやって「デジタル専用レンズ」かそうでないのかを見分けるにはどうしたらいいのでしょうか?

実は、「デジタル専用レンズ」はしっかりとレンズ名に記載されています。ニコンなら「DX」、キャノンなら「EF-S」、ソニーなら「DT」といった具合です。

わかりやすいように一覧にしたので、参考にしてみてください。

今回は「デジタル専用レンズ」についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした~!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/41-42efba57