どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「35mm換算」についてお話ししていきます。

「交換レンズ」を購入する時、この「35mm換算」の事をわかっていないと、自分のイメージしている「撮影範囲」とは違うレンズを購入してしまう危険があります。

是非ともこの「35mm換算」を覚えて、自分に合った「交換レンズ」を選んでください。

では「35mm換算」についてお話しします。
「35mm換算」とは?

「交換レンズ」のスペックを見ていると「35mm換算で〇〇mm-○○mm」などと記載されているのをよく見かけます。

各社の「交換レンズ」スペック表を用意しました。

Canonのスペック表には「35mm換算」が書いていませんでしたが、その他のメーカーには全て書いてありました。

簡単に言うと「35mm換算」をすると「交換レンズ」の「焦点距離」が変わります。

「焦点距離」が変わるという事は「画角(撮影範囲)」が変わるという事です。

「画角」が大きく変わってしまうと、自分がおもっていたより「望遠になってしまう…」とか「広角になってしまう…」なんていうことにもなりかねません。

でも、なんで「35mm換算」なんて紛らわしいものがあるの?記載されている「焦点距離」だけでいいじゃん!と思うかもしれませんが、深い理由があるんです。

この理由は「カメラの歴史」を少しさかのぼらなければいけません。
話の本筋から少しそれますが、お付き合いください。
「35mm換算」がなぜ出来たのか?

現在、「一眼レフカメラ」というと「デジタル一眼レフカメラ」のことですよね。

「デジタル一眼レフカメラ」の仕組みを簡単に説明すると、

レンズから入ってきた光を「撮像素子」が受け取って「写真データ」にする。

という事はお話ししました。

ですが、以前の一眼レフカメラは「デジタル」ではなく「フィルムカメラ」でした。

「フィルムカメラ」の仕組みを簡単に説明すると、

レンズから入ってきた光を「フィルム」が受け取り「ネガ」にし、それを「現像」し「写真」を作る。

という方法でした。

現在の一眼レフカメラの「撮像素子」に当たる部分が以前は「フィルム」だったんですね。

その「フィルム」は特別なカメラを除いて全て「35mmサイズのフィルム」が使用されていました。

ちなみに「35mmフィルム」といっても実際のサイズは現在のフルサイズの「撮像素子」と同じ36mm×24mmのサイズです。

時は流れ「デジタル一眼レフカメラ」の時代になります。

「一眼レフカメラ」の技術は格段に進歩し「フィルムカメラ」から「デジタルカメラ」になっていきます。
ここで問題が発生します。

「フィルム」の時は「35mmフィルム」しかなかったので、「交換レンズ」も「35mmフィルム」に対応した「焦点距離」や「画角」を記載していました。

ですが、「デジタル一眼レフカメラ」の「撮像素子」に36mm×24mm(フルサイズ)以外の様々なサイズ「APS-Cサイズ」や「フォーサーズ」などが登場してきたのです。

カメラの「交換レンズ」は基本的に「撮像素子」が「フルサイズ(36mm×24mm)」の一眼レフカメラでも「APS-Cサイズ」「フォーサーズ」の一眼レフカメラでも、「同じメーカー」の「交換レンズ」ならどちらでも使用する事ができます。

ですが、同じ「交換レンズ」を「撮像素子」の大きさが違うカメラに装着すると「焦点距離」と「画角(撮影範囲)」が変わってしまいます。(なぜ変わるかは後程説明します。)

その違いを「35mm換算」という項目で記載しているのです。

ちなみに、通常記載されている「焦点距離」は「フルサイズ用」の「焦点距離」になります。

「35mm換算で〇〇mm-〇〇mm」と書いてある時は「APS-C」「フォーサーズ」のカメラに装着した時の「焦点距離」ですよ。という事を説明しています。

お分かりいただけたでしょうか?
「撮像素子」のサイズが違うと「画角」が変わる。

ではなぜ、同じ「交換レンズ」でも「撮像素子」の大きさが違うと「画角」が変わるのか説明します。
まずは、「35mmフィルムカメラ」が違うカメラでどう変化するか、イラストを用意したのでご覧ください。

「フィルムカメラ」の「フィルム」は、ほぼ全て「35mmフィルム」で統一されています。
カメラが変わっても「画角」に変化はありません。

では、次に「デジタル一眼レフカメラ」が違うカメラでどう変化するか、イラストを用意したのでご覧ください。

「フルサイズ(36mm×24mm)」のカメラは「フィルムカメラ」と変わらない46°の「画角」です。

しかし、「APS-C(24.0mm×16mm)」は32°「フォーサーズ(17.3mm×13mm)」は24°の「画角」に変わっています。

「デジタル一眼レフカメラ」は「撮像素子」の大きさによって、同じ「交換レンズ」を使用していても「画角」が全く変わってくるのです。

「35mm換算」は「撮像素子」がフルサイズではない、APS-C、フォーサーズの「画角」「焦点距離」を実際の数値に修正したものなのです。

おわかりいただけたでしょうか?
35mm換算表

「35mm換算」が簡単にわかるように「換算表」を作成しました。
APS-Cに関してはメーカーによってサイズが若干変わっています。
代表的なサイズを2つ記載しました。
今回は「35mm換算」についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/26-b5c3e9c9