どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの「ヒストグラム」の見方についてお話しします。
「輝度ヒストグラム」と「RGBヒストグラム」について

一眼レフカメラには、必ず「ヒストグラム」という機能が搭載されています。

白で表示されている「ヒストグラム」は、およその露出レベルと階調の傾向を示したもので、一般的な「ヒストグラム」とはこれを指す場合が多いです。

一眼レフカメラはハイエンド機になると「R(赤)G(緑)B(青)」の色別に「ヒストグラム」が設けられていて、各色の「色飽和」も確認する事ができます。

白で表示される「ヒストグラム」を「輝度ヒストグラム」、RGBで分けられている「ヒストグラム」を「RGBヒストグラム」とも言います。

ただ、「RGBヒストグラム」から画像の傾向を読み取るのかなり難しく、あまり気にする必要はないように思います。そこで、ここでは一般的な「輝度ヒストグラム」の見方についてお話ししましょう。

「ヒストグラム」の見方について

まず「ヒストグラム」の横軸では明るさが示され、左が暗い部分、右が明るい成分を示します。

なので、左端がに寄った写真は黒つぶれになっている写真、右端に酔った写真は白とびしている写真、とイメージすればよいでしょう。

「ヒストグラム」の縦軸は、横軸で示された明るさのピクセルがいくつあるかを示しています。

縦方向が低ければピクセルが少なく、高ければピクセルが多いという事です。要約すれば、どの明るさの成分が、どれくらいあるかを山型のグラフで示したものが「ヒストグラム」ということです。

当然ですが「ヒストグラム」は撮影した被写体や露出の設定によって変化します。

白い雪はプラス側に補正して適正な露出を与えれば、右寄りの山ができます。

同じ傾向を示すものに、黄色い花、明るい空、白っぽい桜などがあります。逆に黒い岩などを中心とした被写体をマイナス補正して適正に移せば、左寄りの山が出来るはずです。

極めて濃い緑の樹や真紅のバラなどもその傾向を示します。ですので明るい被写体を写した場合、山が中央寄りにあると思ったら露出アンダーを、また暗い被写体を写したとき、山が同じく中央寄りだと感じたら露出オーバーだと思えばいいでしょう。

今回は一眼レフカメラの「ヒストグラム」の見方についてお話ししました。

それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/253-5a52e2dc