どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトに搭載されている「バッチ処理」とは?についてお話しします。
「バッチ処理」とは?

RAW現像ソフトに搭載されている「バッチ処理」という機能は、定型的な作業を複数の画像に対して自動的に行う機能になります。レシピの利用ではある程度の手動操作が必用ですし、また調整を適用した画像を現像してJPEGやTIFF保存までは自動で行えません。

しかし、「バッチ処理」を設定して行うと、指定したフォルダ内の画像に対して設定した現像調整を適用し、その後指定したファイル形式や別のファイル名で保存するということまで自動で行ってくれます。

また、「バッチ処理」とは多少異なりますが、複数の画像を同時に選択して一括して現像する機能を持つソフトもあります。「バッチ処理」や一括現像機能を備えるのはキャノンの「DPP」、ニコンの「CaptureNX」、ソニーの「ImageDataConverterSR」、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」、アドビシステムズ社の「Lightroom」などがあります。

今回はRAW現像ソフトに搭載されている「バッチ処理」とは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/251-c1dc7a93