どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトでの「シャープ」のかけ過ぎについてお話しします。
「シャープ」のかけ過ぎには注意する

写真の輪郭ををはっきり見せるためには、適度な「シャープ」処理をするのが効果的です。しかし、「シャープ」のかけ過ぎには注意が必要です。一眼レフカメラに付属しているRAW現像ソフトの場合は、パラメータを極端に操作しても、画質の荒れはそれほどひどくなりません。

ですが、汎用RAW現像ソフトの「SILKYPⅨ」や「Lightroom」などは調整できるパラメータの幅が広く、強い「シャープ」処理をすることができ、かけ過ぎると写真がぼろぼろに荒れてしまいます。

「シャープ」処理というのは、輪郭などピクセル単位でコントラストが急激に変わる部分に対して、さらにコントラストを高める処理をします。その結果、輪郭部において白ふちや黒ふちが生じます。これは画質を荒らしている以外の何物でもなく、視覚的に「シャープ」に見せるための必要悪と言ってもいいかもしれません。

その処理が目立たない程度なら適度な「シャープ」と認められるのですが、処理が強すぎると、輪郭部の白ふちや黒ふちが目立ち、また肌などはケバ立つなどしてテクスチャを失うため、画質の荒れと感じるわけです。

どの程度まで処理をすればいいかというのは、その絵柄や、実際のプリントサイズによって変わります。同じ値でも、画像サイズが変わるとその効果が変わります。プリントする場合は、実際に鑑賞するサイズでプリントして「シャープ」の加減を確認することをお勧めします。

今回はRAW現像ソフトでの「シャープ」のかけ過ぎについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/247-f2a53eda