どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで「部分的な補正」をする方法についてお話しします。


RAW現像ソフトで「部分的な補正」をする方法とは?

RAW現像ソフトで「特定の部分」だけ補正を行いたいという場合、特定色の色補正に加え、特定部分の色や明るさの補正という要望があります。

「Photoshop」などのレタッチソフトならおなじみの、マスク関連の機能(選択した範囲の補正を無効にする)を使えば特定部分を補正できるのですが、RAW現像ソフトでそのような機能を備えているのは「Capture NX」のみとなっています。

最近のRAW現像ソフトは多機能化してレタッチソフトの機能に近づいているような印象ですが、このようなことろでレタッチソフトと現像ソフトの機能差がハッキリ現れます。

「Caputure NX」はJPEGやTIFFも扱えますが、基本的にはニコンのRAW専用ですから、他のメーカーのカメラユーザーは、その目的のために「Capture NX」を購入するきにはならないでしょう。

どうしても特定部分を補正したいなら、「Photohop」やその廉価版である「Photoshop Elements」などのレタッチソフトを使うことになります。

また、もし、補正したい部分の色がほかと異なっていれば、それは特定色の色補正ですから、汎用現像ソフトの「SILKYPIX」や「Lightroom」などを使って実現可能です。画像中に似た色があって、その中の特定部分というのは難しいですが、ある程度色がはっきり分かれていれば可能です。

ちなみに「Photoshop」のRAW現像機能である「Camera RAW」は、現像機能に限って言えば「Lighroom」と同等です。値段はそれなりにしますが、RAW現像からレタッチまで十分な環境を得られます。

「Elements」にも「Camera RAW」がありますが、現像機能が基本的なものに限定されます。

今回はRAW現像ソフトで「部分的な補正」をする方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/242-77d76327