どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで「ハイライト部」「シャドウ部」だけ調整する方法についてお話しします。
RAW現像ソフトで「ハイライト部」「シャドウ部」だけ調整する方法

「白とび」したハイライトの階調を再現したい場合や、「黒つぶれ」したシャドウの階調を再現したいと思う事は多いです。

通常のRAW現像ソフトなら、「露出補正」を使ってハイライトやシャドウの階調を出すことができます。ただし、その方法では階調全体が補正されるため、補正の必要のない適正露出の部分に悪影響を与えてしまいます。

しかし、RAW現像ソフトの中には、階調全体に大きな影響を与えずに、飛んでしまったハイライトやつぶれてしまったシャドウの階調だけを再現できるものもあります。

純止のRAW現像ソフトでは、ニコン「CaptureNX」の「D-ライティング」、ソニーの「Image Data Converter SR」の「Dレンジオプティマイザー」などがありますが、やはり機能が強力なのは汎用のRAW現像ソフトになります。

「Lightroom」には白とぴ軽減、黒レベル、補助光効果、「SILKYPIX」にはハイライトコントローラの明部補償やダイナミックレンジがそれぞれ用意されています。そんな中でも、階調再現という意味で使いやすいのは「Lightroom」ではないでしょうか。

具体的には、「白とび軽減」がハイライトの回復機能、「補助光効果」では影になったような部分を明るくすることができます。

もし、これらの機能では十分に階調を回復できない場合は、「0.5段分」ほどの「露出補正」と組み合わせるとうまくいく場合もあります。「0.5段分」程度なら画像のイメージもそれほど大きく変わることなく、また「トーンカーブ」も併用することでもとのイメージに戻すことも可能です。

今回はRAW現像ソフトで「ハイライト部」「シャドウ部」だけ調整する方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/240-8847db75