どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトの「カラーモード」についてお話しします。
RAW現像ソフトの「カラーモード」について

一眼レフカメラには、コントラスト、色合い、彩度、シャープなどを設定する機能があります。これらの設定の違いによって、画像の仕上がりやテイストが変わってきます。その画像のテイスト設定の考え方を発展させたのが、「カラーモード」です。

「カラーモード」は、それら各パラメータの総合セットと言っても良く「カラーモード」を選ぶだけで画像のテイストを変えることができます。

基本的な「カラーモード」には「スタンダード」、「ポートレート」、「風景」、「ニュートラル」、「忠実設定」、「モノクロ」が用意されています。これは、自分好みの「カラーモード」を作成できるもので、同じような現像調整を行う場合には新たに「カラーモード」として登録することで調整の手間を省くことができます。

あと、「カラーモード」は製造メーカーによって名称が違います。キャノンは「ピクチャースタイル」、ニコンは「ピクチャーコントロールシステム」、ソニーは「クリエイティブスタイル」などになります。

ニコンの「ピクチャーコントロールシステム」では「スタンダード」、「ニュートラル」、「ビビッド」、「モノクローム」が用意され、ソニーの「クリエイティブスタイル」には「スタンダード」、「ビビッド」、「ニュートラル」、「風景」、「夜景」など十数種が用意されています。

いずれも一眼レフカメラ側でテイストを設定できるほか、RAW撮影であればRAW現像ソフトで設定を変えることができます。一方、「SILKYPIX」や「Lightroom」のような汎用RAW現像ソフトにもテイストを決めるプリセットが用意されています。

「SILKYPIX」はホワイトバランスや色合い・彩度など個々のパラメータに各種のプリセットが用意されていますが、そのようなプリセットの総合セットとして、全体のテイストを決めるメニューがあります。

これには「スーパーニュートラル」、「風景」、「ノスタルジックトイカメラ」、「ポートレート」、「夕焼け」など10種が用意されており、またパラメータセットをユーザーが任意に登録することも可能です。

「Lightroom」のプリセットでは、調色するようなものが多く用意されているほか、ユーザーセットを登録することが可能です。

RAW現像ソフトにおけるプリセットの利点は、個々のパラメータを操作せずに、仕上がりイメージに近づけることができることです。

もちろん、プリセットの設定後でも各パラメータの操作によって微調整ができますから、より思いどおりの仕上がりになります。

今回はRAW現像ソフトの「カラーモード」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/239-5b911af1