どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで写真の「色収差」を補正する方法についてお話しします。
「色収差」の補正方法について

「色収差」には、「倍率色収差」と「軸上色収差」の2つがあります。「倍率色収差」は特に画像の周辺部で目立ち、像が縁取りされたように赤や青がずれて見えます。

「軸上色収差」はパープルフリンジとも呼ばれ、その名の通り紫のにじみが発生するものです。「軸上色収差」は光学的な現象ですから以前から知られていましたが、画素ピッチが細かくなった最近のデジタル一眼レフカメラで顕著に現れ問題視されるようになりました。

「倍率色収差」の補正機能はたいていのRAW現像ソフトには搭載されています。最近のレンズは性能が良いので、大きく拡大しないと「倍率色収差」を見つける事は難しいのですが、それでもたとえばA3サイズやそれ以上にプリントするとなると、「倍率色収差」がめだつようになります。

もし、手持ちの一眼レフカメラ用の純正RAW現像ソフトに「倍率収差」の補正機能を持たないのならば、汎用の現像ソフトを利用するとよいでしょう。一方の「軸上色収差」ですが、この補正機能を持つのはアドビシステムズ社の「Lightroom」などの汎用ソフトに搭載されています。

今回はRAW現像ソフトで写真の「色収差」を補正する方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/237-ce580c4a