どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで写真の「色調」をイメージ通りに調整する方法についてお話しします。
イメージ通りの「色調」にするには?

RAW現像ソフトで写真の「色調」を調整する方法は多々あります。自分のイメージにあった調整方法をチョイスする必要があるでしょう。

まず「ホワイトバランス」ですが、この機能は基本的に「色かぶり」を補正すると思われがちですが、「色調補正」に使っても構いません。

「ホワイトバランス」の「色温度調整」で赤や青気味に調整したり、また「色かぶり補正」があれば、緑やマゼンタ気味に調整する事が可能です。さらに市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」やキャノンの「DPP」などの「ホワイトバランス」は、様々な色に調整することが可能です。

また、RAW現像ソフトに「色相」や「色合い」のパラメータがあれば、これで色調を変えることができます。「色相」は「ホワイトバランス」と違って色をずらすもので、画像中の各色が虹のように変化していきます。ただ、調整しすぎると不自然な色になるので注意が必用です。

ほかに、「彩度」のパラメータを利用すれば、色の濃さを調整できます。もう少し高機能なパラメータとしてはニコンのRAW現像ソフト「CaptureNX」の「カラーバランス」といった機能があります。これらは、「赤-シアン」、「緑-マゼンタ」、「青-黄色」といったスライダーを利用してより細かく、しかし大胆に色調を補正することができます。

ここまでは一般的な色調の補正方法ですが、一眼レフカメラやRAW現像ソフトによっては、プリセットされた色調が用意されているものもあります。純正のRAW現像ソフトで言うと、ニコンの「ピクチャーコントロールシステム」、キャノンの「ピクチャースタイル」、ソニーの「クリエイティブスタイル」、などになります。

汎用のRAW現像ソフトにも、「SILKYPⅨ」には「テイスト」をはじめ各種のパラメータにさまざまなプリセットがありますし、「Lightroom」にもプリセットが用意されています。

これらのプリセットには、たとえば「彩度」を上げて派手に見せる設定や、風景向きの設定、人物向きの設定などのほか、「モノクロ」や「セピア」など特殊な色調補正を行うものも含まれます。

一眼レフカメラ本体にもこのようなプリセットが用意されていますが、JPEGで撮影してしまうと、その効果をもとに戻したり別の効果に置き換えたりするのはとても大変ですし、むしろうまくいかないことのほうが多いでしょう。

そのような意味でも、RAWで撮影していれば、あとの色調補正は思いのままですし、いくらでも変更ができます。「ホワイトバランス」の変更だけでもさまざまなバリエーションの画像を生み出すことができますが「色調補正」という広い意味で考えると、さらにバリエーション豊かな画像を生み出すことができるのです。

今回はRAW現像ソフトで写真の「色調」をイメージ通りに調整する方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/235-296f4151