どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで明るさやトーンを調整する方法についてお話しします。
「RAW現像ソフト」内での2つの調整方法

RAW現像ソフトで写真の明るさやトーンの調整を行う機能は「露出補正」「トーンカーブ」「明るさ」「コントラスト」が基本的なものです。

RAW現像ソフトは、「Photoshop」などのレタッチソフトと異なり、RAWの現像調整を行うパラメータと、RGBの調整を行うパラメータが用意されているものがあります。たとえばキャノンのRAW現像ソフトの「DPP」では、RAWタブとRGBタブにそれぞれ似たようなパラメータが用意されています。

RAW現像ソフトはRAWだけではなくJPEGやTIFFにも対応しているものがありますが、JPEGやTIFFを編集する際にはRAWのパラメータは利用できません。

RAWであれば、どちらのパラメータも利用可能ですが、RAWのパラメータは概して調整幅が狭くなっています。これは、一眼レフカメラ側のパラメータの調整幅を引き継いでいるためです。

RAWのパラメータの調整幅が不足するような場合は、RGBのパラメータを利用しましょう。方法としてはRAWを現像してからRGBのパラメータを利用するか、またはRGBのパラメータのみで調整することになります。
「明るさ」を調整する時の注意点

「露出補正」と違い「明るさ」系統のパラメータを利用するときは注意が必要です。なぜかというと、「露出補正」では補正を行ってもそう極端にハイライトやシャドウの階調が失われることはありません。これはハイライト、シャドウの階調を残しながら補正するような仕組みになっているためです。

しかし、「明るさ」系統のパラメータでは、画像全体の明るさをそのままマイナス方向、またはプラス方向にスライドします。そのため、補正の程度が強くなるとハイライトかシャドウの階調が完全になくなってしまいます。
「トーン」「コントラスト」を調整する方法

「トーン」や「コントラスト」は最初に調整するのではなく、まず「露出補正」でダイナミックレンジ、つまりハイライトからシャドウの幅を決めた後に調整していくようにしましょう。

「トーンカーブ」による補正は、画像にさまざまなトーンを生み出し、表情豊かな画像を作り出すことができます。メリハリある写真にすることもできますし、その逆にすることもできます。また特定の階調部分を明るくしたり暗くしたりと、「トーンカーブ」を使用した補正は様々な事が可能です。

今回はRAW現像ソフトで明るさやトーンを調整する方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/234-d6fdc596