どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RGB」と「CMYK」についてお話しします。
「RGB」とは?

「RGB」というのはRed(レッド)、Green(グリーン)、Blue(ブルー)の色の名称の頭文字をとったものです。「RGB」とは色の表現方法の1つで「RGB」それぞれ濃度の異なる諧調を組み合わせることでさまざまな色を再現します。

簡単な例で言うと、RとGが混じればイエローになりますし、GとBではシアン、RとBではマゼンタです。さらに「RGB」を最大濃度で混ぜると白になります。

このような、色を加えていくことで白になる色の仕組みを「加法混色」とも呼びます。「RGB」は光の三原色と言います。一般的な「RGB」のデジタル画像(8ビット/チャンネル)はR/G/Bそれぞれのチャンネルで8ビット=256諧調を表現できます。3つのチャンネルを合わせると256×256×256=約1670万色で、現在フルカラーと呼んでいます。

一眼レフカメラは撮像素子の前に、置かれた「RGBフィルター」で光を3原色に分けています。これはR/G/G/Bという4つのマスを基本としていますが、Gが2つあるのは光がGフィルターを通りやすく感度を上げやすいためです。
「CMYK」とは?

「RGB」とよく対比されるのがCMYKですが、こちらはCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)とB(ブラック)です。理屈の上では「CMY」ですべての色を表現できますが、プリンタや印刷では「B」を組み合わせることで締まった黒を表現したり、グレー再現を安定的にしたり、またグレー再現のための「CMY」インクの使用量を減らしたりするために使われます。

「CMY」は混ぜると黒になります。絵の具を混ぜ合わせると色がどんどん黒くなりますが、それは「CMY」の特徴で、これを「減法混色」と呼びます。また「RGB」の光の三原色に対して、「CMY」は色の三原色と呼ばれます。

今回は「RGB」と「CMYK」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/232-06a9bf19