どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「sRGB」と「AdobeRGB」の違いとは?についてお話しします。
「sRGB」と「AdobeRGB」とは?

「sRGB」や「AdobeRGB」は、モニターやプリンターで再現できる「色空間」を表します。一眼レフカメラに取り込まれる光の情報は膨大になり、この中から実際に再現できる色の情報のみを抽出し、写真にします。この際に利用される色空間が「sRGB」と「AdobeRGB」です。

このふたつの違いは、その再現できる色の幅にあります。「AdobeRGB」のほうが緑から青にかけての再現性が高いです。

青い海などを撮る際は「AdobeRGB」を選んだほうが、高彩度に撮影が行えます。

ただし、AdobeRGBで撮った写真は、これに対応するモニターが必要になります。専用のモニターを使用しないと正確に色が確認できません。

一方「sRGB」はどのモニターにも対応し、汎用性は高いです。ちなみにプリンターは大抵の機種で「sRGB」と「AdobeRGB」の両方に対応します。
一眼レフカメラの「sRGB」「AdobeRGB」設定方法

「sRGB」と「AdobeRGB」の選択は一眼レフカメラ内で行います。ちなみに、「RAW画像」で写真を撮影した場合には、現像時に「色空間」を選択します。つまり「RAW画像」の場合はどちらの「色空間」でも写真を残すことができます。

今回は「sRGB」と「AdobeRGB」の違いとは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/228-c84c9021