どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は写真の「コントラスト」とは?ついてお話しします。
「コントラスト」とは?

写真の「コントラスト」とは、写真の「メリハリ」の程度を示したものになります。この「コントラスト」が高くなればなるほど、白い部分がより白く、黒い部分がより黒く表現され、「メリハリ」のある描写になります。

逆に「コントラスト」が低い写真ほど、この明暗の差は縮まり、次第にねむい仕上がりになります。総じて「コントラスト」が高いほうが力強くインパクトのある写真になりやすく、コントラストが低いほうがやわらかくやさしい印象の写真になります。

ここで一点注意したいのが「白飛び」と「黒つぶれ」です。コントラストは高くなるほど、メリハリが増す一方で、白飛びや黒つぶれが生じやすくなります。コントラストを調整する際は、この辺りのことも意識しましょう。

コントラストを高くするのが効果的な場面としては、例えば曇天時の風景です。柔らかすぎる印象の弱い仕上がりの写真に対してメリハリを加えることができます。晴天時でコントラストが高すぎる場面では、逆にこれを低めに設定することで、やわらかい質感が表現しやすくなります。

今回は写真の「コントラスト」とは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/226-69a543ed