どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「白とび」と「黒つぶれ」についてお話しします。
「白とび」と「黒つぶれ」とは?

「白とび」とは真っ白になり階調か飛んでしまっている状態を指します。白い雲や太陽光の当たったハイライト部分などで生じやすい現象です。

一方、「黒つぶれ」とは、真っ黒に階調がつぶれている状態です。日陰や深い森の中などで生じやすい現象です。これらが生じた部分は、色味の再現が難しくなり、質感の乏しい平面的な描写になります。

撮影後に編集ソフトで補正をしようとしても、一度失われたものは補正できません。完全に防ぐことは難しい現象ですが、撮影時にはなるべく「白とび」や「黒つぶれ」が生じないよう露出に注意しながら撮 影に臨みましょう。

今回は「白とび」と「黒つぶれ」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/225-a7220de4