どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はスピードライトの「マルチ発光」についてお話しします。
スピードライトの「マルチ発光」とは?

スピードライトを使用した撮影では、スピードライトの閃光によって被写体の動きを止めて写すことができます。それを利用して、1度のシャッターで、複数回スピードライトを光らせて撮影する機能を「マルチ発光」といいます。

動いている被写体がどのように動いているか、そのフォームなどを明確に写し出すことができる機能になります。特殊な機能でもあり、日常的に使うというよりは、この機能を生かせるシーンを考えて使うことになります。

設定は、まず発光間隔(Hz)と発光回数を設定すします。これは1秒間に発光する回数として表示される。「10」であれば1秒間を10等分した間隔で10回発光する。発光量はマニュアルのみになります。

多くの回数を発光させ、また止める効果を強めるなら、発光量は小さめを使いたいところです。また、撮影は暗い背景か黒バックのほうが、写し出された被写体がより鮮明になります。
発光間隔と発光回数の設定

ニコンのSB-910の設定画面になります。7times-10H2ということは1秒間に10等分間隔、つまり0.1秒間隔で最高で10回光るということです。

この場合、シャッター速度が1秒なら7回全部光るが、1/2秒であれば5回となってしまいます。

露出は基本的にマニュアル発光を使ってください。発光量が大きいと、そのパワーに応じて発光回数が限られてしまい設定できなくなります。

回数を多くするなら、パワーは少なめで使うのがコツです。SB-910では下に使用する絞り値と適正距離が表示されます。

今回はスピードライトの「マルチ発光」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/223-2bd0926e