どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はスピードライトの「ワイヤレス撮影」とは?についてお話しします。
スピードライトの「ワイヤレス撮影」とは?

スピードライトは大変に便利なライティング機材です。カメラに固定した状態で使うだけ、と思っている人も多いと思いますが、それに縛られる必要は全くありません。スピードライトの「ワイヤレスシステム」で自由な位置から自在なライティングを楽しみましょう。

一眼レフカメラから離してスピードライトを使う方法はいくつかありますが、同じメーカーの一眼レフカメラ・スピードライトなら、「TTL調光」がそのまま使える「ワイヤレスシステム」を搭載している機種が多いです。

仕組みとしてはコントローラーとなるスピードライトをカメラ本体で使い、カメラから離したスピードライトを光や電波などを使って発光させるとい仕組みです。

一番シンプルなのは、カメラの内蔵ストロボを利用した方法です。内蔵ストロボに対応したスピードライトが1台あれば簡単にワイヤレス撮影が始められます。
内蔵ストロボを使った「ワイヤレス撮影」

ワイヤレスで使用するには、スピードライトをリモートモードに設定するだけです。調光モードなどの設定はカメラのメニューで行ないます。スピードライトのメーカーでもワイヤレスライティングが可能な製品もああります。

カメラのメニュー操作で内蔵ストロボの設定をコマンダーモードに合わせます。そのメニューで使用するスピードライトの設定を行なうこともできます。もちろん「TTL調光」での撮影も可能です。

ニコンの一眼レフカメラ「D600」は内蔵ストロボにコントローラー機能を持つので、同メーカーのスピードライト「SB-910」や「SB-700」など、ワイヤレスに対応したスピードライトが11台あれば、そのままワイヤレスで使うことができます。
ワイヤレスで「バウンス撮影」「ディフューズ撮影」を行う

スピードライトを自由に動かせるようになれば、光を自在に操ることができます。正面からのストレートな光だけでなく、サイドからの光、後ろからの光など、1灯のスピードライトで様々な光の表現が可能になります。

本来、難しい露出も「TTL調光」なら簡単に撮影できるので、「ワイヤレス撮影」でいろんな位置からの光を試してみましょう。また、ワイヤレスで「バウンス撮影」や「デイフューズ撮影」も併用すれば、さらに本格的なスタジオライティングにまで発展させることもできます。
ワイヤレス時のスピードライトとの通信方法

「TTL調光」が使えるワイヤレスシステムでは「光通信」による方法と「電波通信」による方法があります。

「光通信」による方法では、撮影発光と合わせて通信するため、微細な発光が行なえます。内蔵ストロボを使った場合、内蔵ストロボを「発光禁止モード」に設定にしていても、通信のための微細な発光は行なわれています。

「電波通信方式」はキヤノンが新しく導入した方法で、専用コントローラー、あるいはその機能を持った機種(600EX-RT)をカメラに付け、他のスピードライトを発光させる事ができます。「光通信」に比べ障害物に強く、長距離でのシンクロも可能なのが特長になります。
光通信式の仕組み

多くの機種で採用されている方式になります。内蔵ストロボを使えばカメラ+外付けストロボ1台のシンプルなセットでワイヤレス撮影が可能です。ワイヤレス機能付きのコントローラーやスピードライトのほか、対応する内蔵ストロボで発光可能になります。
電波通信式の仕組み

電波通信方式の専用コントローラーとして用意されている「スピードライト トランスミッターST-E3-RT」を付けたキヤノン「EOS6D」と「600EX-RT」が必要になります。あるいは「ST-E3-RT」の代わりにもう1台の「600EX-RT」が必要になります。

今回はスピードライトの「ワイヤレス撮影」とは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/220-8f14f131