こんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーnikoです。

今回は「交換レンズ」についてお話ししようとおもいます。

「交換レンズは資産」、「カメラのボディは消耗品」などと言われるくらいに重要な要素を持っています。

写真は「交換レンズ」によってまったく違う写真が撮れます。「交換レンズ」の事を知っていれば、自分が撮りたい物をイメージ通りに撮れるようになるでしょう!

ではお話ししていきます。

交換レンズって何?

一眼レフカメラの最大の特徴は「レンズを交換できる」ことです。

コンパクトデジタルカメラはレンズとボディーが一体になっていてレンズを交換する事ができません。

一眼レフカメラは「自分がどういう風に被写体を撮影したいか」によってレンズを交換し、撮影することができるのです。


どんな写真を撮りたいかで「交換レンズ」を選ぶ

先ほども話しましたが、「交換レンズ」が変われば被写体が同じでも、全く違う写真になります。

「交換レンズ」は種類によって特徴が異なります。レンズの特徴の詳細については後日じっくりとお話しさせて頂きます。
このページでは「交換レンズ」の代表的な物を簡単に説明させて頂きます。説明する「交換レンズ」は次の3種類です。
  • 広角レンズ

  • 標準レンズ

  • 望遠レンズ

広角レンズとは?
  • 「35mmフィルム換算」で40mmよりも短い「焦点距離」のレンズを指す。

  • 被写界深度が深い。

  • ピントが合いやすい。

  • 写真の遠近感を強調できる。

標準レンズとは?
  • 「35mmフィルム換算」で「焦点距離」が50mm前後のレンズを指す。

  • 自然な感じの写真を撮影でる。

望遠レンズとは?
  • 「35mmフィルム換算」で「焦点距離」が80mmより長いレンズ指す。

  • 遠くの被写体を撮影できる。

  • 被写界深度が浅い。

  • 大きい「ぼけ」を作ることができる。

  • 手ブレしやすい。

「交換レンズ」の特徴をわかっていただけたでしょうか?

特徴の中に「35mmフィルム換算」「焦点距離」「被写界深度」というキーワードが出てきましたが、今はわからなくても大丈夫です!これはとても重要なキーワードなので後でじっくり説明させて頂きます。
各「交換レンズ」に最適のシーンとは?

どの「交換レンズ」を使うかはそのシーンによります。例えば…
  • 自分のペットを近くから撮影したい!と思ったら「広角レンズ」がおすすめです。

  • 人物のスナップ写真を撮影したい!と思ったら「標準レンズ」がおすすめです。

  • 遠くに飛んでいる鳥を撮影したい!と思ったら「望遠レンズ」がおすすめです。

もちろん、「望遠レンズ」でペットを撮っても違う味の写真になりますし、「広角レンズ」で人物を撮っても良いでしょう。

「商品撮影」に限ってお話しさせて頂くと、使用するレンズは「標準レンズ」「望遠レンズ」あと後ほど紹介しますが「マクロレンズ」になります。予算が少ないという方は「標準レンズ」が一番汎用性があっておすすめです。

今回は「交換レンズ」について簡単にお話しさせていただきました。
別のページで「交換レンズ」の種類ごとの詳細をお話しさせて頂きます。

それでは。nikoでした~!
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/22-9da402a6