どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はスピードライトの「バウンス撮影」とは?についてお話しします。
「バウンス撮影」とは?

スピードライトを使用して撮影をする場合、通常は発光部を被写体に直接向けて発光するケースが多いです。しかし、直接照射する直接光は、自然光と違って不自然に写りやすく、しかもベタッとして立体感のない「硬い光」になりがちです。そこでスピードライトを「間接光」として使い、より自然な「やわらかい光」を作り出すのが「バウンス撮影」になります。

「バウンス撮影」は、スピードライトの発光部の「回転機構」を使って天井や周囲の壁に光を照射し、その反射した光をソフトな「間接光」として使うテクニックになります。

ただし、直接光と比べ光が拡散するため「バウンス撮影」をするためには「大光量のストロボ」が必要になります。また、壁や天井の色にも影響されてくるので注意が必要です。「バウンス撮影」は手軽で簡単に「柔らかい光」を作ることができるテクニックです。積極的に使っていきましょう。
「バウンス撮影」の光の流れ

「バウンス撮影」では、まず発光部から出た光が壁や天井を照らします。その明るくなった壁や天井の面が被写体を柔らかく照らします。直接被写体を照らすより、広い面で照らすことになるためとても自然な光になります。しかし、直接被写体に照射するよりも光量自体は大きく落ちることに注意しましょう。

今回はスピードライトの「バウンス撮影」とは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/218-6711cf0c