どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はスピードライトを「補助光」として使う方法についてお話しします。
スピードライトを「補助光」として使う

暗い撮影現場で使うという印象のスピードライトですが、明るい日中でも「補助光」として使うと便利です。そのテクニックを「日中シンクロ」といいます。

例えば日中の撮影の際、逆光の状態ではレフ板などで「補助光」を当てますが、その代わりにスピードライトの光を「補助光」として使用します。

スピードライトを使う事で「逆光」でも顔を明るく撮影する事ができます。

レフ板を固定する手間が要らない上に、スピードライトは瞬間光なので、被写体もレフ板より眩しくない、というメリットもあります。

「日中シンクロ」は、明るい背景とのバランス、そして定常光とのブレンド具合の調整などで、かつては難しいテクニックのひとつでした。

しかし今は、「TTL調光」のおかげで手軽に使えるテクニックになりました。
ポートレートの「補助光」としてスピードライトを使う

露出補正だけで人物を明るく写そうとすると、背景が明るくなりすぎることがあります。例えば、逆光や木陰など、背景との明暗差が大きい場合といった撮影シーンになります。

そんなとき背景の明るさを見ながら、人物にはスピードライトを使い「TTL調光」で「補助光」を与えると背景とのバランスをとることができます。
全速同調できる「ハイスピードシンクロ」

スピードライトの「閃光時間」を長くすることで、すべてのシャッタースピードに同調できるようにしたのが「ハイスピードシンクロ」になります。

「ハイスピードシンクロ」はとても便利な機能ですが、光量が小さくなるという点に注意が必要です。

光量が小さくなるので必然的に光がが届く距離は短くなります。

今回はスピードライトを「補助光」として使う方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/216-71154c25