どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はスピードライトの「光量」と「閃光時間」の関係についてお話しします。
スピードライトの「閃光時間」とは?

スピードライトが放つ光は、雷のように瞬間的な光で、これを閃光といいます。そして、このスピードライトが発光している時間を「閃光時間」といいます。

「閃光時間」は約1/1000秒~1/40000秒と、とても短い時間になります。

スピードライトの発光量が大きいほどこの「閃光時間」は長くなり、逆に発光量が小さくなるほど「閃光時間」は短くなります。
ニコン「SB-700」と「SB-910」の閃光時間の比較

次にニコンのミドルクラス「SB-700」とフラッグシップモデルの「SB-910」の「閃光時間」を比較します。まずこちらの表をごらんください。

フル発光ではシャッタースピードの上限(中級機以上で1/8000秒くらい)よりも遅い時間(1/1000秒前後)と、長く発光しています。

しかし、発光量を小さくすると高速シャッターでも太刀打ちできないほど、短い瞬間だけ被写体を照らし出すことができます。

スピードライトの発光を制御する方法はいくつかありますが、一般的に使われているスピードライトでは閃光パワーそのものを制御するより、必要なところで「発光停止」させて発光量を制御するタイプが多いです。

今回はスピードライトの「光量」と「閃光時間」の関係についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/213-e9d0fc25