どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は光量を自動調節してくれる「TTL調光」についてお話しします。
スピードライトの「TTL調光」とは?

スピードライトの光は、瞬間的な光(瞬間光)なので、その露出や光量調節に関して難しいイメージがあります。

実際に手動(マニュアル調光)でやろうとすると慣れるまで少し時間がかかります。

しかし、スピードライトに搭載されている「TTL調光」を使えば簡単にスピードライトでの撮影が行えます。

「TTL調光」の「TTL」とは「Through the Lens」、つまりレンズを通ってきた光を一眼レフカメラ内で測光し、スピードライトの適正な発光量を自動で調整する機能になります。

デジタル一眼レフカメラの「TTL調光」は、まず本番の撮影前に、一度「プリ発光(少量の光を発光させる)」を行います。

その光で得た測定結果を元に適切な光量を算出し、その撮影現場に最適な光量を発光してくれます。

「TTL調光」は簡単でしかも正確に撮影できる

「TTL調光」は、一眼レフカメラ内の測光センサーを用いることで、周囲と背景のバランスを見て光量を自動的に調光してくれます。

撮影者はそこからさらに「調光補正」を使って、自分好みの光量に調整する事ができます。

以前はスピードライト自体にセンサーを持つ「外光オート」で光量調整するものが主流でした。

その場合、スピードライトのセンサーが持つ画角と実際に撮影している画角との差異があり、写真の撮影結果にむらがありました。

しかし「TTL調光」は一眼レフカメラ内で直接測光するので、その欠点もしっかりカバーしています。


スピードライトの「外光オート」について

「外光オート」は指定した「絞り値」に適した発光をしてくれるモードになります。現在は「TTL調光」が主流になっているので少なくなってきていますが、いくつかの機種では「外光オート」に対応しています。

「外光オート」はフィルムカメラなどのTTL調光非対応の機種でもオートで撮影ができるのがメリットになります。
一眼レフカメラに対応したスピードライトを選ぶ

TTL調光は一眼レフカメラ側で測光するので、スピードライトと一眼レフカメラの間で電気信号のやりとりがあります。

ですので、スピードライトと一眼レフカメラ両方で互換性がなければいけません。


どちらも同じ製造メーカーだとしても、古いスピードライト、あるいは古い一眼レフカメラには対応しない、または一部の機能が使えない場合もあるので、購入時によく確認しておきましょう。

なお、機種によっては「ファームアップ」で対応できるようになるケースもあります。ちなみに「ファームアップ」とは一眼レフカメラ・スピードライト内のソフトを「バージョンアップ」させる事になります。

今回は光量を自動調節してくれる「TTL調光」機能についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/209-3a167c20