どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像ソフト」を使う時の「モニター」のスペックについてお話しします。
RAW現像ソフトを使う時の「モニター」のポイント

RAW現像ソフトで画像補正する時に「モニター」のスペックはどの点を考慮したらよいのでしょうか?まず大切なポイントは「解像度」と表示できる「色域」になりますか。

解像度はRAW現像ソフトの種類にもよりますが、例えばアドビシステムズ社の「Photoshop Lightroom」の場合、画像の左右にナビゲータや調整パレット、下部にサムネイル一覧を表示することが多いですから、最低でも1280×1024程度の解像度がほしい所です。

一方、再現できる「色域」ですが、これは価格の面から「sRGB」が主流ですが、予算に余裕がある場合は「AdobeRGB」を検討してみましょう。「AdobeRGB」の方が再現できる色域が段違いになるからです。

このほかのポイントでは「視野角」が重要になります。「視野角」が狭いと「モニター」を斜めから見た場合に色が変わって見えてしまいます。

大型のモニタになるほど画面の端は斜めから見ることになりますから、それだけで色が違って見えることになります。コントラストや最大輝度などは、現行製品ならば問題ありません。

画像処理ではプリントや印刷との相性を考えて、コントラストや輝度は低めで使うことが多く、むしろその調整が必要なほどです。

調整機能についてですが、プリントとの色の近似を求めるならコントラストや輝度、色温度調整などの機能を有したものを選びたいものです。

Eye-OneやSpyderなどのカラーマネジメントツールでモニタをキャリブレーションする際に必須だからです。

さらに欲を言えば、ハードウェアキャリブレーション対応のモニタを用意できれば、より完壁なモニタキャリブレーションが行えます。

今回は「RAW現像ソフト」を使う時の「モニター」のスペックについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/204-703b57c1