どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像後に保存する「ファイル形式」は何がいいのか?についてお話しします。
用途によってファイル形式を変えるのがベスト

現像後に保存するファイル形式は何がいいのでしょうか?ファイル形式はRAW現像ソフトによって様々な形式がありますが、おおよそ次の3つの中から選ぶ事ができます。

1つ目は「そのままRAW画像で保存する」です。「RAW画像」で保存すればRAW現像ソフトでの再調整も可能になりますし、保存による画質の劣化もありません。しかし、デメリットとしてはデータサイズが大きくなる事です。

2つ目は「JPEG画像で保存する」です。「JPEG画像」は「圧縮」の段階にバリエーションがあり、高圧縮をかけると画質が劣化する代わりに、かなりデータサイズを小さくすることが可能になります。デメリットとして「JPEG画像」は「非可逆圧縮」方式なので、画質が劣化する事です。

3つ目は「TIFF画像で保存する」です。「TIFF画像」は画質が劣化しないため、現像調整した後の保存用画像に向いています。大判プリント用の画像としても最適です。ただ、デメリットとしては「RAW画像」と同じくファイルサイズが大きくなる事になります。

画質を特に気にしていない画像や、どうしてもデータサイズを小さくしたい時は「JPEG画像」、RAW現像ソフトで再調整したい時は「RAW画像」、現像した後の保存用高解像度データには「TIFF画像」が良いでしょう。

今回はRAW現像後に保存する「ファイル形式」は何がいいのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/203-2f2fa84f