どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトとレタッチソフトに同じ機能がある時はどちらを使うのか?についてお話しします。
画像補正はできる限り「RAW現像ソフト」で行う

RAW現像ソフトとレタッチソフトには、同じような機能が搭載されています。それならどちらを使っても同じかというと、決してそんなことはありません。

「RAW画像」は情報量の多い「画像以前の画像」データです。そのため、RAW現像ソフトでの画像補正でなら多少無理な補正をしても、目立った画質低下は起こりにくくなっています。

特にその効果がわかるのが「ホワイトバランス」でしょう。現像後の「JPEG画像」や「TIFF画像」の「ホワイトバランス調整」は大変難しく、簡単に画質も低下してしまいます。

ですが、RAW現像ソフトでの調整ならば驚くほど簡単かつ、きれいに仕上がります。「ホワイトバランス」だけでなく「露出補正」や「カラーバランス」「ノイズの除去」についてもRAW現像ソフトで処理したほうが段違いにきれいに仕上がります。

今回はRAW現像ソフトとレタッチソフトに同じ機能がある時はどちらを使うのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/202-bb2549ca