どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は画像のトリミングは「RAW現像ソフト」でした方がいいのか?についてお話しします。
「トリミング」は「RAW現像ソフト」「レタッチソフト」どちらがいいのか?

撮影した画像を自分の思ったサイズに切り取る事を「トリミング」といいます。この「トリミング」をRAW現像ソフトで行った方が良いのか、それとも現像した後に「Photoshop」などのレタッチソフトで行ったほうが良いのかどちらが良いのでしょうか?

「画質」という面ではRAW現像ソフト、レタッチソフトどちらで「トリミング」しても結果は同じです。

ただ、気をつけなくてはいけないのは、RAW現像ソフトで現像した後に「JPEG画像」で保存し、それをレタッチソフトで開いてトリミング後、また「JPEG画像」保存するような場合です。

「JPEG画像」は「非可逆圧縮」であるため「JPEG画像」の保存を繰り返すたび、画質はどんどん劣化していきます。

これを避けるには、RAW現像ソフトで現像する際に「JPEG画像」ではなく「TIFF画像」を選択する事です。

「TIFF画像」もオプションで「圧縮」することが可能ですが「可逆圧縮方式」を採用しているため再保存を行っても画質は劣化しません、それでも心配なら圧縮のオプション設定をオフにしておきましょう。

「トリミング」ができるRAW現像ソフトはキャノンの「DPP」ニコンの「Capture NX-D」ペンタックスの「PENTAX PHOTO Laboratory」市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」アドビシステムズ社の「Photo shop Lightroom」などがあります。

今回は画像のトリミングは「RAW現像ソフト」でした方がいいのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/201-1a024168