どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで調整する順番にきまりはあるのか?についてお話しします。
RAW現像ソフトで調整する順番について

結論からいいますと、どの調整から行っても構いませんし、調整の順番によって画質に悪影響を与えてしまうという事もありません。

なぜ調整の順番で画質に悪影響が出ないかというと、現像作業中に行っている調整はあくまでもプレビューに過ぎず、最終的に「JPEG画像」や「TIFF画像」に現像する時に初めて、調整が「RAW画像」に適用されるからです。

適用される際の順序はそれぞれのソフトが最良と考える順序で処理されているようです。ですので調整する順番による画質への影響には気を遣わなくても問題ありません。
効率の良い調整の順番について

次は「どういう順番で調整するのが効率的か」という事をお話しします。

多くのプロカメラマンやフォトグラファーが行う調整の順序は、最初に「明るさやコントラストの調整」、次に「ホワイトバランスや色かぶり、彩度などの調整」、最後に「シャープネスやノイズ除去」です。

これは、明るさや階調をきちんと調整しておいたほうが画像が明瞭に見えるために、最初に補正するという考え方です。

ただし、極端な「色かぶり」を起こしているような画像の場合は、最初にホワイトバランスを調整してから明るさ補正を行ったほうがわかりやすい場合もあります。

また、キャノンの「ピクチャースタイル」、ソニーの「クリエイテイブスタイル」などは明るさや色などが総合的に変化するので、利用する場合は最初に変更しておきます。

上に挙げた順序は絶対的なものではありません。最終的に現像するまでは「RAW画像」の内容は変わらないので、どんな順序でいくら再調整しても構いません。

これが「RAW画像」および「RAW現像ソフト」の最大のメリットといえるでしょう。

今回はRAW現像ソフトで調整する順番にきまりはあるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/200-9ff78ecb