どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像ソフト」と「レタッチソフト」の役割分担についてお話しします。
「RAW現像ソフト」と「レタッチソフト」の役割分担について

キャノンの「DPP」、ニコンの「CaptureNX-D」、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」などの「RAW現像ソフト」とアドビシステムズ社の「Photshop」などの「レタッチソフト」はどのように役割分担すればよいのでしょうか?

結論から言うと、「画像補正」に関しては可能な限り「RAW現像ソフト」で調整を行うのがベストです。つまりそれは、「RAW画像」が「JPEG画像」「TIFF画像」以上にキャパシティを持っているからです。

ただし、色相ごとの色補正だとか、部分的な色補正などは、対応しているRAW現像ソフトは有料の物が多いです。色相ごとの色補正は「CaptureNX」や「SILKYPIX」「Lightroom」が対応しています。

ではどのような時に「レタッチソフト」を使用するかというと「人物と背景を合成する」「画像に文字を入れる」「画像を細かく切り抜く」などの画像合成や画像加工の作業は「レタッチソフト」がないとできません。

まとめると、色や明るさは出来る限りRAW現像ソフトで補正、画像の合成や加工は「レタッチソフト」で行うと考えておけば間違いないでしょう。

今回は「RAW現像ソフト」と「レタッチソフト」の役割分担についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/199-28be5c2f