どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像での「画像調整」をふまえて撮影する、についてお話しします。
RAW現像ソフトを使う事で撮影の「効率化」ができる

「商品撮影」の様に、より効率的に良い写真を撮影するにはRAW現像ソフトでの調整を前提に撮影してください。何回か説明しましたが、RAW現像ソフトを使う事により「ホワイトバランス」についてはほぼ完璧に修正する事ができます。

逆にRAW現像ソフトを使わずに撮影の設定のみで「ホワイトバランス」を調整するのは大変時間がかかりますし、朝・昼・夜の時間帯によって環境光も大きく変わってしまい、同じ「ホワイトバランス」で撮影するのも難しくなってきます。

その他の「露出補正」や「カラーバランス」「色合い補正」「ノイズ除去」などにも同じことが言えます。RAW現像ソフトでの調整に「全てお任せ」は考え物ですが、RAW現像ソフトを使う事によって短縮できる作業もかなりあります。

効率的に品質が良い写真を撮影したいなら、撮影の時にしっかり設定する事と、RAW現像ソフトで調整する事を決めてから撮影する事をおすすめします。

今回はRAW現像での「画像調整」をふまえて撮影する、についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/198-14c3a6f6