どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトで「リカバリー」できる事・できない事についてお話しします。
RAW現像ソフトで「リカバリー」できる事・できない事

「RAW画像」と「RAW現像ソフト」の特性を理解すれば、撮影の時点で気を付けておく設定や調整が見えてきます。
「ホワイトバランス」について

RAW現像ソフトで調整する最大の特徴は「ホワイトバランス」をほぼ完璧に調整できる事になります。しかし、これが「JPEG画像」で保存する事が前提の撮影だと、撮影時にかなり厳密に「ホワイトバランス」を調整しなければならなくなります。

「JPEG画像」は現像済みのすでに「完成されたデータ」ですので、その画像の「ホワイトバランス」を調整するとなると、画質が劣化するだけでなく「ホワイトバランス」の調整そのものが難しく、思うような仕上がりにならないことが多いです。ですので、「ホワイトバランス」に関してはRAW現像ソフトでの調整に任せましょう。

「露出」について

次に「露出」はどうでしょうか?現像時に露出補正ができるのも「RAW画像」の魅力の1つですが、「撮像素子」が光を受けた際に、すでに「白とび」や「黒つぶれ」になり階調がない場合はRAW現像ソフトであっても再現することはできません。

そのため、「露出」については「ホワイトバランス」よりシビアに考える必要があります。現像ソフトでは±2~4段分ほどの調整が可能ですが、実際に効果的なのは±2段分くらいがいいところでしょう。

例え「RAW画像」で保存する事が前提の撮影といえど、撮影時の「露出」には注意し、ヒストグラムやハイライト・シャドウの警告機能などを利用して、適切な「露出」を得るように心がけましょう。
「彩度」「色合い」「シャープネス」などについて

撮影時の設定はほかに、彩度、色合い、シャープネス、ノイズ処理、モノクロ化などがありますが、いずれも「RAW画像」であればRAW現像ソフトでおおよそ調整する事ができるので、撮影の際には「露出」ほどシビアになる必要はないでしょう。

ただ、「純正ソフト」を使った場合、それらのパラメータが現像ソフトに引き継がれますので注意が必要です。

現像ソフトで余計な調整を行いたくないなら、一眼レフカメラ側できちんと設定しておくと良いでしょう。また、一眼レフカメラの機種にもによりますが「高感度」や長時間露光時の「ノイズリダクション機能」を利用するという場合は、RAW現像ソフトでは対応していないので、これは撮影時に行う必要があります。
しっかりと撮影する事で「RAW現像ソフト」の調整が活きてくる

RAW現像ソフトでは写真の失敗の大半を占める「ホワイトバランス」や「露出」をかなり補正する事ができます。

ですのでRAW現像ソフトで「なんでも補正できる」と思ってしまいがちですが、ほぼ完壁に補正できるのは「ホワイトバランス」のみです。「露出」もある程度補正可能ですが完璧ではないことを覚えていてください。

あと、「ピンボケ」や「手ブレ」「カメラブレ」は当然ながらですが修正できません。「RAW画像」で保存する事が前提だからと言って、気軽に撮ってもいいというわけではないのです。RAW現像ソフトでの修正を失敗の回避目的と考えず、より良い作品づくりの可能性を広げるため、と前向きに考えるべきでしょう。

今回はRAW現像ソフトで「リカバリー」できる事・できない事についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/197-4b9f8c28