どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトではどんな画像調整ができるのか?についてお話しします。
RAW現像ソフトでできる画像調整とは?

「RAW画像」を現像ソフトで読み込み画像調整を行ったあと、「JPEG画像」や「TIFF画像」にすることを「現像」と呼びます。その現像ですが、具体的にどのようなことが行えるのでしょうか?

まず、「RAW画像」の画像補正で最も効果を発揮するのが「ホワイトバランス」の調整です。RAW現像ソフトで「ホワイトバランス」は「画質を損なわず」に「ほぼ完璧」に調整する事ができます。

つまり、撮影場所についている「蛍光灯」などが原因で、写真が「黄色っぽく」や「青っぽく」なってしまう「色かぶり」を完全に修正することができます。「ホワイトバランス」を気にしなくてもよくなった分、撮影に集中することもできます。

次にメリットがあるのは「露出補正」になります。マイナス補正でハイライトの「白とび」している部分の階調を回復したり、プラス補正でシャドウの「黒つぶれ」した階調を回復することも可能です。

「露出補正」は現像ソフトにもよりますが、だいたい±2~4段分の露出補正が可能です。これは「RAW画像」の中にはまだ階調が残っているためで、すでに現像されてしまった「JPEG画像」や「TIFF画像」では絶対に不可能な機能になります。

ただし、注意しなければならないのは、撮像素子が光を受けた段階で「白とび」「黒つぶれ」している場合は、階調を再現することはできないという事です。

なお、「露出補正」の派生機能として、ハイライトやシャドウの階調を再現・補正する機能を持つものもあり、これらを使うと、全体的な露出を変えずに、ハイライト、シャドウなどの特定階調のみを補正することも可能です。

以上の「ホワイトバランス」と「露出補正」この2つがRAW現像の最大のメリットと言うことができます。

この2つの機能だけでも撮影に失敗した写真をかなり回復させることができます。また逆に1つの「RAW画像」からさまざまな雰囲気の画像を作り出すことが可能です。

この他の機能では「トーン調整」「彩度調整」「色合い調整」「色収差補正」「ゴミ取り」「歪み補正」「ノイズ処理」と「シャープネス」などが一般的です。

どの機能をとっても「JPEG画像」や「TIFF画像」に現像した後、「Photoshop」などで修正するより、「段違いに」きれいに修正する事が可能になります。、その中でも特に便利な機能は「ノイズ処理」と「シャープネス」でしょう。

今回はRAW現像ソフトではどんな画像調整ができるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/196-f9b7791d